おおむらさき整体院のブログ

電話番号0493-62-5265 ネット予約はホットペッパービューティー

私の体験⑤~記憶に残る患者さん=E原さん~②

f:id:ohmurasaki:20191018133007j:plain

E原さんは真面目な方です。お子様が3人もいて、ご自身もしっかり働いて家計を支えるようと思ったそうです。子供の事、家の事、地域の事その他諸々をこなし、仕事をするとなると夜中に仕事をするしかありません。
E原さんは資格を生かし、夜中に自宅でパソコンの打ち込み業務を頑張っていました。
それで、腰痛の原因が座り作業なのか?と、悩んでいたそうです。
パソコン作業でいちばん駆使するのは、眼です。眼の動きは自律神経で動いている部分が多いのです。

ウインドウズ95が、1995年に出ました。ウインドウズ98くらいからパソコンの普及が多くなり、発展して携帯電話・スマホなどになっていきました。今では誰もが、何かしらのコンピューター機器に携わるようになりました。それと同時に眼を使い過ぎる。すると頭部に張りができ、頭部に凝りができる症状の方が多く増えました。
眼を使い過ぎると「頭痛」「座骨の神経痛」「めまい」「背中が痛い」等の症状が出ます。

ITが進むまでは、このような症状は眼を必要以上に使うアーチェリーの選手や設計士や図面などを書く人、もしくは長年事務の仕事をしているご婦人しかありませんでした。

今は老若男女だれでもかかりやすくなっています。パソコンなどの目への負担は、本当に体に負担をかけるのです。

だってE原さんは、あれだけ健康に気を付けて体を鍛えていたんですよ?
パソコンからくる、ストレスって怖い、、、、。


さrて。そのE原さんは来年の発表会に出たいと言います。
当院に来る前に、色々なサロンやジムで相談したそうです。どこも同じ答えで、バレリーナの体に戻すのは無理。まずは腰を治しましょう!と。
私もそう思いました。それが正論です。
3年くらい時間をかけて、腰を治しそれからでもいんじゃないかなと思いました。

でも来年の11月!に舞台復帰。

これがE原さんのこだわりでした。