おおむらさき整体院のブログ

電話番号0493-62-5265 ネット予約はホットペッパービューティー

わたしの体験その①

 

f:id:ohmurasaki:20190410101812j:plain

おおむらさき整体院で、今いちばんの高齢者の患者さんはKさん92歳の女性です。
とにかくお元気。趣味が庭いじりは年相応ですが、タブレットで「ライン」や「ゲーム」などを楽しんでるとお聞きすると、その若さに感服いたします。そして日課として、ワンちゃんの散歩に行き、1日3000歩~5000歩を歩くのだそうです。すごいの一言です。

Kさんがはじめて当院に来院されたのは8年前、84歳の時です。右の股関節痛・重度の座骨神経痛でした。歩くのも大変で、ご主人が当院の折り込みチラシを見て「どこに行ってもダメな妻がよくなるのなら!」と、ワラにもすがる思いでご来院されたのでした。Kさんのお身体はとにかく冷えていました。おまけに、ストレスによるコリが酷かったのがとても印象的でした。
そこで、寒さ対策として、北側の部屋に置いてあるベッドを、陽の当たる場所に移動してもらいました。横になっている時には、使い捨てカイロや電気毛布で体を温めてもうことにしました。
そして、私ができる施術。ストレスのコリ(自律神経のコリ)を徹底的にほぐすことです。人はストレスがが溜まりすぎると、自律神経の通り道がパンパンに張るのです。その張りを、丁寧にほぐすことで自律神経の不調である「頭痛・めまい・肩こり・神経痛」などが改善されるのです。
実は、Kさんは元看護師さんでした。東京大空襲の悲惨な現場も体験されたそうです。獣医さんであったご主人とと結婚しました。転勤族でもあったご主人と日本中あっちこっちする生活。きっと疲れはどんどん溜まっていったのでしょう。大阪に在住していた40代に重度の自律神経失調症になってしまったのです。
とにかく「体を温める」こと、「自律神経のコリをとる」ことを徹底的に行いました。当初は毎回ご主人の送り迎えで来院していたのですが、1年後には、一人で来院するようになりました。最初は、カートを押しながら来ていたのが、杖になり、今ではその杖も必要がなくなりました。
この前も病院に検査に行ったところ、お医者さんがじーっと見ながら言ったそうです。「Kさん、Kさんは本当に92歳ですか?」と不思議がって首をかしげていたたそうです。そして自分でタクシーをしゃんしゃんと呼び、付き添いもなく来院し、受付をして診察しているKさんにお医者さんもびっくりしているのだそうです。
2年前にご主人が亡くなりました。でも、落ち込むこともなく、更に「元気で生きなきゃ!!」と頑張っているKさん。誰が見ても90代には見えません。施術はずっと継続しています。この1年で筋肉が更にパワーアップしている感じがしてなりません。本当に人間の力、自己治癒力はは不思議だと思います。
この勢いでまずは、最高年令の108歳まで元気に生きようね‼と、Kさんと頑張る約束をしています。
おおむらさきのおかげで元気になれたよ!それが私の元気ですし一人でも多くの方が元気に健康になれるように精一杯がんばりますね!